2020梅雨/夏イベ 連合潜水マスレベリング解説

今回は恒例になっているイベント海域での潜水艦マスを活用したレベリング方法の紹介です

このレベリングのメリットとしては潜水艦マスでは燃料しか消費しない

経験値量は凄く高い訳ではないですが、連合艦隊で12隻同時に育成が出来る

ダメージの被害がないのでレベル1の艦も投入出来ます

という事で今回のレベリングスポットですがE6の潜水艦マスを2戦踏む場所が一応一番効率の良い場所となっています

編成ですが機動部隊であれば無条件で2戦踏む事が出来ます

水上連合でも空母系と低速艦を含めれば踏めますが水上連合より機動部隊の方が連合の条件だけで良いので個人的には機動部隊の編成がオススメです

では実際にレベリングの編成の紹介です

第一艦隊は機動部隊という事で空母系2隻必要なので空母2隻と育成したい艦4隻

空母にはT字不利を回避させる為に彩雲を装備させましょう

第一艦隊旗艦はキラ付けも兼ねる事が出来ます

次に第二艦隊ですが敵の編成が潜水艦4隻編成の場合があるので1人攻撃外した時の保険で先制対潜艦を5隻入れると良いです

装備は赤疲労で周回する事を考えてソナーガン積みが良いです

装備改修してあるソナーがあるとさらに安定ですね

実際1回行ってみます

各戦闘の経験値はこんな感じです

この編成での1周の消費資源はこのぐらいになります

今回のイベントでは新規艦が掘り、報酬含めて10隻で他にもレア艦が大量にドロップするので掘りに集中が良いと思いますが、時間があればレベリングも活用してみると良いかもしれません

という事で今回はイベント海域でのレベリングスポットの紹介でした

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA