大口径主砲オススメ装備改修解説

大口径主砲の改修についての質問をよく頂くので今回は大口径主砲のオススメ改修装備を解説紹介していきます

最初にざっくり自分の大口径主砲の改修の考え方について

大口径主砲は金剛型等の巡洋戦艦にあたる艦用の35.6系統の主砲2~4本
それ以外に41系統の主砲 ここが一番メインなので5~8本、大和型や特殊砲撃の射程調整等に使う46系統1~2本をそれぞれ改修出来れば十分だと考えてますのでこの3種類に分類してそれぞれのオススメを紹介します

35.6系統主砲

最近の傾向で通常の敵も装甲が高くなっているのでフィット砲2本で命中重視だと敵を一撃で倒しきれない事が増えてきているので金剛型でも命中重視35.6系統1本と火力アップに41系統1本で組み合わせる
それで攻撃を外すなら35.6系統2本にする等付け替え出来る様に用意するのがオススメ

41系統主砲

41cm系主砲が今は一番使用頻度高いので数は多めに3、4隻分の主砲あると良いと思います
特に長門陸奥の特殊砲撃の威力重視するのであれば火力命中の高い主砲も数本用意しておく様にしましょう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA